TOCfEのADVENT…ろうそくの物語

©キャシー・スエルケン

(転載者注)本記事は「TOCfE Advent Calendar 2015」の25日目の記事として書かれたオリジナル記事の飛田さん&柴田あっちゃん & その他有志による翻訳です。

「待降節(advent)」の季節はキリスト教的な意味もあります。けれど、「出現(advent)」という言葉は、何か素晴らしいものが来たんだ、とか、始まろうとしているんだ、と感じさせるものです。

そうして、いつも思い出されるメッセージがあります。わたしのTOCfEの旅の始まりを予兆していたメッセージです。

それは13歳の生徒が書いたメッセージでした。

最後の一文にはこのように記されていました。「この先ずっと続く長い旅路に光をくれて、ありがとう。」

image002

1993年2月のバレンタインデーに、ニコルはこのメッセージを学校のわたしの机の上に残していったのでした。エリ・ゴールドラットという男性に会うためにミシガン州デトロイトへと向かおうとするまさに数日前のことでした。

ニコルのメッセージは不可解でした。一体、何がこう書かせたのでしょう?

何がこの言葉を書かせたのか、わたしにはわかりませんでした。けれど、このメッセージを確かに受け取りました、と返事しなければならない、そんな確信はありました。

というわけで、そのメッセージの意味するところを正しく伝えるものを探して、山ほどの名言集の中をわたしは探し回りました。

こうして、エリとジョナ(訳者注:”TOC思考プロセスの認定を受けた人たちのこと”)達との初めての出会いを経験する中で、このEdith Whartonの名言がわたしの記憶と魂に刻みこまれたわけです。

1992年のクリスマス25日まであと数日というアドベントカレンダーの時にエリからかかってきた一本の電話が、わたしのジョナ・カンファレンスへの旅の始まりでした。

その年の初めごろ、わたしは感謝の手紙をエリに送っていました。その手紙で、わたしは自分がどのように『ザ・ゴール』の本にあったコンセプトを生徒たちに使ったかを伝えました。

その手紙がジョナ・セミナーへの奨学金に化けたわけです。

身に着けたばかりのジョナの知識を中学生相手にどのように使ったかについて、300人の経営者に向かってプレゼンしてください、と依頼された時には、わたしにはそんなことをやる自信はまったくなく、不安そのものでした!

しかし、そのイベントの直前にニコルからもらったメッセージが、わたしに勇気とインスピレーションを与えてくれたのでした。

そしてまた、「失敗するのが怖い」ということに対する中間目標が、「このプレゼンは自分のことを話すプレゼンではないことを思い出すこと」だと気づくとホッとできました。

わたしはただのメッセンジャーに過ぎませんでした。カンファレンス参加者へのメッセージに集中する必要がありました。そのメッセージとは、子供達がどれほど学びを渇望しているか、そして、良心からの行動には良心でこそ応じようとするその熱心さがどれほどのものか、ということでした。

プレゼンテーションには、この素晴らしい事実を伝える完璧な事例がありました。それは、最近あった、子供たちへの授業の話でした。TOCという贈り物をすべての子供たちに何とかして贈り届ようとした、素晴らしい人物が持っていた優しさを説明しようとする授業でした。

『ザ・ゴール』を読んでからいうもの、授業スタイルによりソクラテス式な方法を取り入れるべきだと自覚するようになり、わたしは生徒たちへ質問することで授業を始めました。「誰かがあなたのことを信じているのだと納得できるとしたら、一体どうやって分かるのでしょうか?」

生徒たちは考えて次のような答えをしました:

「その誰かが、信じていると言ってくれている」
「その誰かが、実際に信じてくれている」
「その誰かが、成長の手助けをしてくれている」

一言一句違えずにその返事をスライドに書き写し、それを持って、ジョナ・カンファレンスの聴衆に見せました。11歳12歳の子ども達の誰も、「アメとかお菓子とかちょうだい」などと言わなかったことも付け加えておきます。深い確信とともにわたしは言いました。「なぜならば、人生においてかけがえのないものというのは物質的なものではないということを、この子たちは直感的に知っているからです。そのかわりに、子どもたちは、価値あることのリストをくれたのです。」

その瞬間、私は、聴衆と共に子ども達から学んでいました…

子ども達は実例で私たちに教えてくれました…子ども達こそが指導者でした!

聴衆は夢中で聞き入っていました。イベントを通してのその反響は圧倒的でした。

大勢の人がわたしのところに来て、「TOCが子供たちに適用できるとは夢にも思わなかった。このカンファレンスの期間、ビジネスの問題に取り組む代わりに、自分の学校のシステムに対してTOCを適用することに取り組みたい」と言いました。

子供たちのところに戻るために、わたしはイベント途中で帰らないとならなかったのですが、人間の本質に関する共生の学習曲線について自分の考えを述べる必要を強く感じました。エリの許可を得て、わたしは次の言葉を述べました。それはニコルへの返事の中で引用したものです。

「学校のビジョンについて、市民団体に対してわたしはスピーチをずっとしてきましたが、そこから私が学んできたのは、ビジョンは山の頂上からの眺めではない、ということです。そうではなく、ビジョンとは旅をする過程で学ぶものなのです。これこそが、あなたから学んだことです。Edith Whartonによると「光を照らすには二つの方法がある。ろうそくになるか、それを映す鏡になるか」。ですから、もし、今この瞬間にわたしが鏡を持つならば、結果として、あなたは自分がろうそくを持っていることに気がつくでしょう。」

ナイスビルに戻って2日後、わたしは校長室の外に座っていました。Goldratt Instuituteが私たちの学区のために特別なジョナプログラムを寄付することを決めたというニュースを共有するためでした。

控室で待っていたとき、午前8時の早朝の打ち合わせに急いだために、ドレスの一番上のボタンを留めていなかったことに気がつきました。

ボタンを止めなおそうとしたその時、ふと上を見上げてみると、天井照明の修理をしていた作業員がすぐそばでわたしをはしごから見下ろしているのが見えました。

わたしは恥ずかしくなって立ち上がり、部屋を出て、長い廊下の方へと向かいました。なるべく人目につかないところを探して、建物にいる人から見えないように数歩退きました。

ボタンを直し終えて、わたしは真正面の壁を見上げました。思っていたのとは違って、そこは建物の誰からでも見える場所でした。どうやらわたしの認識はまったく見当違いだったようでした。

そこでわたしが目にしたものはとても象徴的で意義深いものでした。もしボタンのことがなかったら、この訪問の最中にこの場所に移動してきて、それを目にすることはありえなかったでしょう。これは神様がくれた巡り合わせというものでしょうか?あるいはこれこそ、エリがいつも電話で言っていた「シンプルさを探求しなさい」ということなのでしょうか?

image004.jpg

わたしは美術コンテストにエントリーしていた9歳の生徒の絵を見つめていました。

ろうそくを映す鏡の前に立てられたろうそくが描かれた絵でした。その2日前にエリとジョナ達に話していた言葉をそのまま視覚的に表したものでした。

もちろんわたしはその絵を見て衝撃を受け、呆然としました。校長室に戻りながら、絵の場所を伝えなければならない、そうしたら校長先生もこの重要性を経験するだろう、と考えていました。

校長先生はその通り衝撃を受けて重要性をわかって、女の子の両親に電話をして連絡をとらせてもらえるようにお願いしましょう、と言いました。

そのおかげで、Rheaがどうしてその絵を描いたのか聞くことが出来ました。その答えはこうでした。「うちのリビングには小さいテーブルがあって、そこにはろうそくがおいてあるの。それで、もし鏡の前においてみたらどんな感じかな、って思ったの。鏡に写ったろうそくがどんなふうに見えるか想像しなければならなかったのよ」

RheaとはWin-Winの取り決めをしました(^^) その絵はそれからずっと、素晴らしい「始まり」の象徴としてTOCfE本部のリビングの目立つところに掛けられています。いろいろな国からのTOCfEの訪問客がこれを目にしてきました。

わたしにとってはそれは、「わたしたちの旅」となった旅の始まりを象徴しています。なぜならば、あなたこそが今、誰かのために道を照らしているのです。

より良い世界に続く、終わりのない旅の道すじを。

キャシー・スエルケン
フロリダ州ナイスビル
2015年12月25日

意見の対立を考えてみる

このエントリーは、TOCfE Advent Calendar 2015の6日目の記事です。
昨日のエントリーは、石村さんの”TOCfEのツールを使うとよさそうな会話”でした。

意見の対立を考えてみる

6322051654_d88cdf7c31_o.jpg

TOCfEでとりあつかう3つのツールのうちの1つクラウドでは、意見の対立について考えることができます。

意見の対立について考えるメリットは、思わぬアイデアで対立を解消することができるかもしれないし、対立って苦しいので、それを構造的に考えられるだけでもかなり楽になったりします。

では、意見の対立とは何でしょうか。

対立の例を挙げてみます。

私はソフトウェア開発会社で働いているので、お客様から要求をうかがってシステムを作ることを日々やっていますが、作るシステムに対してお客様が「要求をなるべく多く詰め込む」ことを望まれることがあります。
最初から要求が多ければ、予算や期間も多くとって進めていけばよいのですが、予算や期間が決まった上で、要求がどんどん増えてくると、このときの私の反応としては、お客様の「要求をなるべく受け入れない」ように動かざるを得なくなります。

この対立についてTOCfEでのクラウド(対立解消図とも呼ばれる)を書いてみましょう。

「要求をなるべく多く詰め込む」や「要求をなるべく受け入れない」というのは、クラウドでは、「行動」と分類します。

action01.png

次に「行動」を起こしたいと思うトリガーを考えてみます。
クラウドでは「要望」と呼ばれています。

「要求をなるべく多く詰め込む」のは、「業務をなるべくシステム化することにより効率化したい」ためです。
一方、「要求をなるべく受け入れない」のは、(システム開発の)「納期・予算を守る」ためとしておきましょう。

それを図に書いてみます。want02.png

2つの「要望」について、クラウドでは「共通目標」というのを定義します。
この場合であれば、「業務をシステムによりうまくまわす」というのが共通目標でしょうか。

goal02.png

対立、すなわちジレンマが存在するときには、必ず共通の目標のような同じく目指すべきものが存在します。

私も最初、ここには違和感があったのですが、共通の目標がなければ、それぞれの行動を別に取ればよくそこでは対立は発生しません。
同じ目標に対して、両方の行動がこっちをたてるとあっちがたたずという状況に思えるからそこに対立があるように見えます。

ここで、実は対立しているのは「行動」であって「要望」は必ずしも対立していません。実世界の中の議論でも対立してしまうことはよくありますが、「要望」を見据えた行動について、喧喧諤諤と意見をかわしていますが、よく聞くと両者で実現したい共通の目標があるからこそ「要望」は実は対立していないということがあったりします。

相手がそのような行動を起こしている「前提」を考えてみます。下でオレンジ色の枠で囲っているのが前提になります。

assumption01.png

意見の対立が生じているとき、相手の意見はたいてい聞く気になれません。なぜなら、こちらの何かが脅かされていることが多いからです。

しかし、対立構造の相手の立場で考えてみて、なぜそのような行動を起こしたいと考えているのだろうという前提を考えてみると、相手の立場なりに納得できることがでてきたりします。

相手の立場に立って物事を考えてみるというのは、慣れないと難しいのですが、クラウドを書く場合にはそれが促されるのでそれだけでも対立構造の理解に役立ちます。相手の要望、行動を上に書くのも相手側の思惑をきちんと考えますよという思いが表れであったりもします。

対立の解消について

さて、ここが、クラウドの真骨頂なんですが、対立が生じているのは、お互いの前提・思い込みのためなのではないかと考え、対立の解消を考えます。相手側も誰かを困らせようとして、そのような行動を取っているわけでないのであれば、行動をする前提があるはずなのです。

この場合、相手側の前提を検討するのであれば、「本当になるべく多くの機能が実現された方が業務は効率化するんですか?」とか、「本当に予算内で多くの機能を実現した方が自分達にとって得なんですか?」とかを確認することになります。

自分側の前提を検討するのであれば、「本当に実現すべき要求が増えるほど開発費用、期間はかかるんですか?」、「本当に同じ予算ならば開発量を減らした方が自分達にとって得なんですか?」というのを確認することになります。

確認した上で前提が思い込みであれば、対立が解消できることもあります。例えば、「なるべく多くの機能を実現した方が業務を効率化できる」というのが思い込みであり、シンプルな機能の実現で重要な業務の効率化ができるのであれば、要求をしぼりこんで対立を解消することができます。

他にも、自分達の「要求が増えると開発期間や費用が増えて、システム開発予定が守れない」というのも思い込みで、必要な開発については交渉すれば予算・期間の交渉が可能かもしれません。

上記の例だと、そもそも相手側の「多くの業務をシステム化する」という要望も思い込みかもしれません。

長くなってしまいましたが、クラウドでは、このような対立構造を記述して、そこにある構造や思いを表現して、打開する策が無いかを考えることができます。

それだけなくても、対立を表現できるクラウドという記法を勉強することで、実世界で、どうしようもない対立(ジレンマ)に遭遇したときであっても「対立キターー!」クラウドで解消してやる〜と思うだけでも、心の余裕がかなり出る(これがこの記事で言いたかったこと)のでおすすめです。

対立を解消し霧散するためのよくあるパターンや、分析の方法などについては本やTOCfE Bootcamp などで説明されていますので、興味を持たれた方は是非、参照してみてください。

ちなみに、最近、私が一番気になっている対立は以下のものです。これの解決は大変難しそうだ〜〜。

ghost_cloud.png

 


おっと、上記で説明したTOCfEクラウドを含め他の2つのツールについても、TOCfEを日常の中でこんな風に使ったよ、というお話を聞けるイベントが12月19日(土)、秋葉原で開催されます。

【東京開催】日常系非日常TOCfE ~日常の中でちょこっとやってみたこと言う会~

クラウド含め興味を持っていただいた方が知るのにもってこいのイベントですね。

次のエントリ

明日の TOCfE Advent Calendar 2015 8日目は、公私ともに多忙そうで、パワフルなたのっちです。おたのしみに!